《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例

レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。

 

レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。



《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:21年02月03日

( ゚д゚)ノ こんにちわー

何度もシェイプアップにチャレンジしているけど
長続きしなかったり、途中で断念してしまったりしている方も
多いのではないでしょうか。

シェイプアップが長続きしないのは、
「あたしの意思が弱いからなのか…」
と落ち込んだりしてしまっていませんか?

そんな方は、
もう一度どうしてシェイプアップする必要があるのか
改めてよく考えてみてください。

シェイプアップが続かないのは
意思が弱くて失敗してしまうのではなく、
シェイプアップをする動機が
漠然としているからなのかも…

ふと鏡を見た時に
自分の醜い姿を確認してしまったり、
太っていることで恋人にふられてしまったり
気に入っていた洋服が入らなくなっていたり、
こういった苦い経験があったから
シェイプアップを始めたのではなかったですか?

シェイプアップを諦めてしまいそうな時は、
そんな苦い経験を思い出してみると、
またがんばる気持ちが湧いてくるかもしれませんよ。

「初心忘るべからず」ということで、
自分がシェイプアップを始めた理由を紙に書いて、
いつも目に付くところに貼っておくのもいいかもしれませんね。

こういった動機も
なくなんとなくシェイプアップを始めた方は、
目指す目標が定まらないので途中で断念する可能性が高く、
逆にリバウンドしてしまったりします。
目標がないと、がんばるぞという強い意志がもてないですよね。

ですから、
シェイプアップの成功のためには
きちんとはっきりした目標を持つことが大切なんです。

シェイプアップに成功して、
きれいに美しくなった自分を想像してみてください!
きっと素敵な日々が待っていますよ。

おしまい!!!