《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例

レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。

 

レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。



《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:21年01月20日

生まれたばかりの男の子を抱いたとき、
ぼくはもろくて壊れそうだと感じました。

これまで出会った何者にも似ていない赤ん坊は
ただ弱々しく震えるばかりで、
ぼくはかたまってしまいました。
人の命をこれほど間近に感じたのは初めてでした。

無事に育ってくれるかどうか不安でたまりませんでした。
今1歳になった男の子は連日笑顔を見せてくれます。

ぼくは、ときどき実家に帰ってパパに会います。
月並みですが、老けたなぁと感じます。

娘のときから、
パパとはあまりいい関係を築いてきたとは言えません。

いまパパを見て、不器用な人だなと思います。
摩擦も多かったことでしょう。

でも、ときどき、
パパの中に自分の姿を見ることがあります。

男の子も、
どこかでぼくに似るのかもしれません。

勝手に学校や仕事を辞めてしまうかもしれないし、
知らないうちに家族を作っているかもしれません。
そうなったら多少苦労するだろうな…とは思います。

ただ、何があっても
戻れる場所を作っておこうとも思います。

まだ男の子がこの世に存在する前に、
もし障害を持って生まれてきたら…ということを考えました。
もしかするとパパもまた、
同じことを考えていたのかもしれませんね。

連日の生活は
確かに娘中心になっています。
家内との会話もほとんどが娘がらみの話です。

人の子は
こんなにも愛情を必要とするものだったのですね。

今もまたうでの中で眠ってしまった我が子が、
そんなことを忘れて自立した後でも、
親の方にはいつまでも記憶が残るものでしょう。

今はまだ親の指を握るのが精一杯のその手のなかに、
そのまた娘を抱える日が来るのでしょうか…