《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す

オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。 まず最初はどのような種類のレーシックが存在するのか、またその内容から自分に最も適している方法を探しましょう。
手術を受けるクリニックの選択にも関わってくる問題ですので、しっかりと事前チェックをしてください。

 

一般的なレーシックのフラップにおきましては衝撃に堪えれなくて外れてしまう可能性もあります。
そのような場合にはフラップを作成しないで角膜の上皮を取り除いてレーザーを照射するRPKという治療法が適しているのです。

 

RPKの治療法というのは、角膜の厚みが足りていない人に適用されるレーシックとなります。
症状に合わせて理想的な治療方法を探していくことで、最も適した選択肢を見つけることが出来ることでしょう。



《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探すブログ:21年01月21日

排便は習慣性を持つものである。

母親はあさ起きたら
排便するというのが習慣づいているので、
なんの無理もなく排便できるが、
娘はそうではない。

娘にはあさにウンチをすることを
母親が習慣づけてあげるからこそ、
あさの排便ができるようになるのである。

母親が娘にあさの排便を習慣づけないと、
娘はあさの排便が難しくなる。

午前中の体質は排泄モードになっているのだが、
その時間帯で排便することができず、
その時間帯以外で排便するようになる。

そうなれば
排便でウンチを出し切らないようになってしまい、
ウンチをしても
体質内に老廃物や毒素を溜め込んでしまうのである。

体質内に老廃物や毒素を溜め込んでいると、
娘の免疫力は低くなってしまう…

それで
娘はたびたび病気になり、
食欲を減少させ、
排便を優先させるような行動を取ってくる…

娘が病気になった場合、
食欲があれば別だが、
食欲がないにもかかわらずご飯をさせていては、
娘はますます排便が困難になってしまうのだ。

病気をしている娘のウンチは非常に臭い!
それだけ老廃物や毒素を
溜め込んでいるということなのである。

しかも
大腸はこの中から水分を吸い上げて、
腎臓で濾過しているのだから、
腎臓が傷んでしまうのは当然のこと。

便秘の娘に限って
娘らしい元気さがないものだが、
それは腎臓自体が弱っているからなのである。

ボクは…
病気になったら、
病院に行かればいいと安易に考えるのではなく、
娘が病気にならないような努力をしておくべきだと思う。

だからこそ毎あさ、
娘には排便を行わせ、
病気とは無縁の体質にしてしまおう!